ダイエット・健康の味方「腸」が心をつくる

福岡の個人パーソナルトレーナー、理学療法士トレーナーの井無田峻です。

今日は、健康・ダイエットを保つための、「腸」の役割や大切さについてお伝えします。

このブログ記事を読むことで、腸の大切さがわかり、今日から食べるものに意識をもって過ごすことができ、食生活を見直す良いきっかけになると思います。

それでは腸の役割をお伝えしていきます。

腸は脳以上に判断能力がある

目の前にキノコがあったとします。見た目は普通なのに、実はこのキノコには食中毒菌が混入していました。ただ見た目は普通なので全く分かりません。

今日の食事を鍋にしようと思っていたあなたはキノコを買うでしょう。

そして、何も疑わずに食べると思います。しかし、腸はこの食中毒菌が

体内へ入ったことで「これは体に入れてはいけない有害なものだ」とすぐに反応して拒絶します。

その反応の現れが、嘔吐や下痢に代表される症状です。私たちが考える脳は、どうかどうかを判断できませんが、腸はすぐに判断して私たちの体を有害なものから守ろうとしてくれます。

腸は非常に優れた役割を担っていますね。

腸は、脳の指示なく自ら働く

体の部位脳多くは脳からの指令を受けて動いていますが、腸は自らの判断で動きます。

これは有名な話ですが、たとえ脳死になったとしても、腸は自ら機能して働き続けることが出来ます。

逆に、腸が完全に働きを失ってしまうと、脳の働きも完全に止まってしまし、死んでしまいます。

それだけ腸が命にかかわる重要な機能を担っていることが分かりますね。

腸は、幸せホルモン「セロトニン」を生産する

腸の有名な働きの一つに幸せホルモン「セロトニン」の産生があります。他にもやる気ホルモン「ドーパミン」も生産します。

このような幸せホルモンが腸内でたくさん作られると、あなたの気持ちは明るくなり、前向きでポジティブな行動をとり幸せにつながります。

逆に、腸内でこれらの生産が少なくなると、あなたの気持ちは暗くネガティブな感情に支配されてしまいます。

なので腸の不全が、うつ病などの心の病気を誘発することも広く知られています。

心の健康は、腸が握っているといっても過言ではありません。

今回は、3つの腸の役割をご紹介しましたが腸には他にも大切な機能がたくさんあります。

腸内環境はあなたの食べるものによって左右されます。

あなたの体の調子はもちろん、精神面にも関わるので人生を左右するといっても良いでしょう!

あなたの今食べているものを見直す良いきっかけになれば幸いです。

個別の質問などはLINEでメッセージいただけたら返信いたしますのでお気軽にメッセージお願いします。

お問い合わせ

現役プロボクサー・理学療法士が指導!

強く・しなやかなボディメイク!

 

【無料カウンセリング受付中】

お客さま一人ひとりにあったオーダーメイドのサポート、トレーニングメニューを提案するため無料カウセリングを行っております。お気軽にご予約ください!

『なりたいの身体』『なりたい健康』を全力でサポートさせて頂きます!

ご質問はダイレクトメールからお気軽に!

カウンセリングやレッスンをご希望の方は、
お電話、Eメール、HP、LINE@からお問い合せお願いします。


電話:080-1784-1988

Eメール:shunbox1988@gmail.com

LINE@のご登録をお願いします!!
LINE@限定クーポンやダイエット・健康・トレーニングに関するお得情報を配信しています。
LINE登録で体験レッスン半額!

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@登録はタップして追加♪

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

プロフィール

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

 

昭和63年11月18日生まれ (福岡県北九州市出身)

 

幼少より野球チームのキャプテンを務めたり、バレーボールでは定時制高校全国大会へ出場するなど深く広くスポーツに没頭する。

 

高校卒業後は理学療法士になるため専門学校へ通いながら、プロボクシングライセンスを取得しプロデビューし、現在でも『闘う理学療法士』として活躍中。

 

理学療法士、トレーナーとして国内だけでなく、海外(アメリカ・カナダ)へ渡り1000人以上の治療や身体ケアの経験を積む。

 

その経験を活かしてボディメイクはもちろんのこと動作分析、身体機能を細かくチェックしてコンディショニングまで幅広く活躍。

 

「あなたの”理想の身体”へ向けて医学的根拠を持ち、運動・栄養の側面からサポートします。」

 

「私のトレーニング・健康サポートは主に30~60代の方に喜ばれています。 肩こりや腰痛等、身体の不調がありトレーニングに不安のある方、運動が苦手な方でも安心してご相談ください。」

 

 

資格

・理学療法士

・日本ボクシングコミッションボクサーライセンス

・キネシオテーピング認定トレーナー

・アスリートフードマイスター

・アスリートフードマイスターコミュニティ役員

・障がい者スポーツ指導員

・日本PNF協会会員

PAGE TOP