アメリカのサプリメント事情は?日本との違いは?

今回は日本とアメリカのサプリメントの違いを簡単にご紹介します。

あなたは普段、サプリメントを飲んでいますか?

確か、日本の調査で対象者の約半数はサプリメント(健康食品)を摂っているいるといったデータを目にしたことがあります。

ちなみに、私がご紹介しているプロタンディムはサプリではないのですが、日本では残念ながらサプリメント(健康食品)という部類に入るようです。

今回がアメリカと日本のサプリメント事情についてご紹介します。

アメリカのサプリメント事情

アメリカには日本のような保険制度はありません。

そこが日本のサプリメントと大きな違いです。

日本に国民健康保険という制度がありそれに加入する義務がありますが、アメリカには入る必要がありません。

つまり、アメリカ人は病気になった場合、全額自腹で医療費を負担する必要があるんですね!

ですから、アメリカ人には、私たち日本人のような「何かあった病院」のような感覚がないので予防意識と言うのが非常に高いです。

私が留学していたカナダもそうでした。そのため、サプリメントを予防の一環として摂取する人が多いわけです。60%の人が何かしらのサプリメントを摂取しているようですね。

アメリカと日本の品質管理

日本で売られているサプリメントはあくまで食品扱いです。

それに対してアメリカでは、医薬品と食品の間に健康補助食品としてひとつサプリメントを代表とする健康食品たちのカテゴリーが用意されているんです。

そして「GMP」とう厳しい品質基準があって、義務化されています。

「GMP」はGood Manufacturing Practiceの略で「適正製造規範」というものです。

原料の受け入れから製造、出荷までの全ての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるように定められた規則です。

これをクリアしたものだけが、店頭に並ぶことができるんですね!

実は、私が紹介しているライフバンテージ社のプロタンディムやアクシオなどもこの基準を満たしているんです。

日本で満たしている製品は指で数えれるくらいです。

こちらを参考にしてください。↓

https://sndj-web.jp/anti-doping/chapter3/bscg.php

なぜ日本では、少ないかというと日本ではこのGMP基準を満たさなくても店頭に並ぶことができるんです。

一定の基準をクリアせずに並ぶことができるので日本にはとても良いとは言えないようなサプリメントがよく売られています。

怖いですね。

そもそも、サプリメントを摂って補う時代が終わりを迎えています。

詳しく気になる方はLINEでメッセージお願いします。

無料であなたをシャキッと笑顔に! 健康の為の個別相談と、10万円相当の「たった3ヶ月で健康で笑顔になるマル秘テクニック」を限定でプレゼント中です!

あなたはこんなお悩みはありませんか?

「最近、寝つきが悪くていつもだるい・・・。」

「肩や腰、膝の痛みがとれない・・・。」

「私に合ったサプリメントが分からない・・・。」

この様な悩みとは、もうオサラバ!

・国内外合わせて15000人以上のリハビリ指導、健康サポート経験アリ!

・理学療法士&現役プロボクサーのトレーナー!

そんな私「井無田峻」のLINEに無料でお友達登録していただければ、無料で健康個別相談を行います!

しかも今なら、10万円相当の「たった3ヶ月で健康になるマル秘テクニック」の限定プレゼントを無料でお渡ししています♪

ストレスフリーの体を手に入れて、イキイキと若々しく生活している自分を想像してみてください。

是非、私の公式LINEにお友達申請をして「一生、健康で元気な体」を手に入れてくださいね!!

LINEでもご予約できます。

ここをタップして追加できます↓

友だち追加をしていただきましたら、お名前かスタンプを送ってください。

メッセージを送ってもらえないとプレゼントをお送りできません。

ご相談も受け付けていますので気軽にメッセージ送ってください。

電話:080-1784-1988
Eメール:shunbox1988@gmail.com

面倒な登録はありません。
お急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@登録はタップして追加♪

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

プロフィール

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

 

昭和63年11月18日生まれ (福岡県北九州市出身)

 

幼少より野球チームのキャプテンを務めたり、バレーボールでは定時制高校全国大会へ出場するなど深く広くスポーツに没頭する。

 

高校卒業後は理学療法士になるため専門学校へ通いながら、プロボクシングライセンスを取得しプロデビューし、現在でも『闘う理学療法士』として活躍中。

 

理学療法士、トレーナーとして国内だけでなく、海外(アメリカ・カナダ)へ渡り1000人以上の治療や身体ケアの経験を積む。

 

その経験を活かしてボディメイクはもちろんのこと動作分析、身体機能を細かくチェックしてコンディショニングまで幅広く活躍。

 

「あなたの”理想の身体”へ向けて医学的根拠を持ち、運動・栄養の側面からサポートします。」

 

「私のトレーニング・健康サポートは主に30~60代の方に喜ばれています。 肩こりや腰痛等、身体の不調がありトレーニングに不安のある方、運動が苦手な方でも安心してご相談ください。」

 

 

資格

・理学療法士

・日本ボクシングコミッションボクサーライセンス

・キネシオテーピング認定トレーナー

・アスリートフードマイスター

・アスリートフードマイスターコミュニティ役員

・障がい者スポーツ指導員

・日本PNF協会会員

PAGE TOP