リバウンドしないマインドセット!登山から学べる意外で簡単な方法

ダイエットに失敗しても落ち込んではいけません。

改めまして、

福岡博多のパーソナルトレーニングジムNextR井無田峻です。

失敗の経験がない人間というのは概して目標が低い。
バーが低すぎることをやってもチャレンジにはならない。
低いバーを飛び越して作った製品には競争力がない。
高いバーを越えるときには必ず失敗があるがその失敗は後で生きてくる。
<北岡隆>

皆さん知っていましたか??

実は、登山で遭難する可能性が高いのは、下山するときだそうです。

それはなぜだと思いますか?

山を登るときには、頂上まで辿りつくという明確な目標があるため、集中力も意欲も最高に高まった状態です。

反対に、いざ下山するとなると、目標を達成した直後であるため、集中力がきれやすく、遭難率が高くなるとのこと。

そこである登山家は、下山する際には常に、次に登る山を決めているそうです。

次の目標を決めることによって、たとえ悪天候などの厳しい環境であっても、

「次にあの山を登るまであきらめない」という気持ちになり、高い集中力を維持しながら下山できるみたいですね。

登山家にとっての目標は生死に直結するものというのが分かると思います。

私たちの人生の中では、そこまで過酷な状況はありませんが、目標を持つことの意味は同じだと思います。

またダイエットであれ、その他の個人の目標であれ「目標」「目的」を明確に持つことは次の行動に繋がります

目標を立てて、行動する際に重要なのが、「5W」です。

  • Who:誰が(基本は私が。目標達成のために動くべき人は誰か)
  • What:何を(具体的に、測定可能なもの)
  • When:いつ(期限を切る)
  • Where:どこで
  • Why:なぜ(意図)

これを明確にして行動すると、何も意識せずに動くのとでは、結果に大きな差が生まれるのは想像できると思います。

はじめに目標を明確にして、その達成のための行動を練り、実践する。

その後に大切なのは振り返りです。うまくいっても行かなくても振り返ることは非常に大切です。

この繰り返しが私たちの成長に繋がります。

今日のブログをダイエットに置き換えて考えてみるとリバウンドを防ぐことが出来ますよ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@登録はタップして追加♪

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

プロフィール

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

 

昭和63年11月18日生まれ (福岡県北九州市出身)

 

幼少より野球チームのキャプテンを務めたり、バレーボールでは定時制高校全国大会へ出場するなど深く広くスポーツに没頭する。

 

高校卒業後は理学療法士になるため専門学校へ通いながら、プロボクシングライセンスを取得しプロデビューし、現在でも『闘う理学療法士』として活躍中。

 

理学療法士、トレーナーとして国内だけでなく、海外(アメリカ・カナダ)へ渡り1000人以上の治療や身体ケアの経験を積む。

 

その経験を活かしてボディメイクはもちろんのこと動作分析、身体機能を細かくチェックしてコンディショニングまで幅広く活躍。

 

「あなたの”理想の身体”へ向けて医学的根拠を持ち、運動・栄養の側面からサポートします。」

 

「私のトレーニング・健康サポートは主に30~60代の方に喜ばれています。 肩こりや腰痛等、身体の不調がありトレーニングに不安のある方、運動が苦手な方でも安心してご相談ください。」

 

 

資格

・理学療法士

・日本ボクシングコミッションボクサーライセンス

・キネシオテーピング認定トレーナー

・アスリートフードマイスター

・アスリートフードマイスターコミュニティ役員

・障がい者スポーツ指導員

・日本PNF協会会員

PAGE TOP