ダイエット停滞期しんどい

ダイエット停滞期がしんどい

ダイエットを始めてすぐは「痩せよう!」とやる気に溢れ、毎日運動をしたり、ジムに通ったり、食事に気をつけたりとダイエット中、最も気合の入る瞬間ですね。

そのやる気に加えて、ダイエットのし始めというのは今までしなかった運動をすることで消費カロリーが増え、食事に気をつけることで摂取カロリーが減り体重が落ちやすい時期でもあります。

やる気に加えて体重も順調に落ちると嬉しいですよね!

きっと、あなたもますます頑張ろうと思えると思います。

しかし、その先にあるダイエットの挫折するポイントに直面することになります。

それは「停滞期」です。

ダイエットをしたことのある方なら、経験があるかもしれません。

私もプロボクサーとして何度もの減量を行っていますが、この私でさえ何度も経験しています。

ダイエットを続けていると、必ずと言っていいほど直面するこの停滞期とどう向き合っていくかがダイエット成功のカギとなるでしょう!

なかなか抜け出せなかったり、どうすればいいのかわからなくなり、結局ダイエット自体をやめてしまう方が多いこの停滞期の時期です。

頑張っても変わらない体重に辛さを覚えてしまいます。

最初のやる気とどんどん減っていった面白い時期ははどこへ行ってしまったんだろう。とガッカリしてしまうことも多いでしょう。

では、なぜ停滞期が来るのでしょう。

停滞期はなぜ来る?

停滞期は、ダイエットをしている人ほぼ100%と言っていいほど訪れる味わいたくない嫌な期間です。

それは、突然現れてあなたをを苦しめるかもしれません。

この方法を知らない限り…

では、なぜ停滞期が来るのでしょうか。

人間には自らを守るホメオスタシスという、体を飢餓から救おうとする機能が備わっています。

人間の体は一ヶ月に体重の5%以上が減った時、

「食べるものがないのかもしれない」

「もしかしたら危険な状態かもしれない」

とこれ以上体重が減って重篤な状態にならないように守る機能を発動させます。

ホメオスタシスが始まると少しの食事からたくさんのエネルギーを摂取しようと吸収率が良くなったり、それとは逆にカロリーを消費させず溜め込もうとする働きがあるため運動によるエネルギーの消費が減って

「食べていないのに痩せなくなった」

「動いているのになかなか減らない」

と言った現象が起こるのです。

これが停滞期なのですが、私達は痩せたいために体の思う飢餓状態に入ります。

無理矢理ではなくむしろ望んで、飢餓状態に入るのですが、それでも自分の気持ちに反して体を守ろうとしてしまう。

必要な機能とわかりながら、厄介だと思う方がほとんどでしょう。

いつ終わるのかと体重計に乗るたびにドキドキしますが、この停滞期、一般的にはダイエット開始約一ヶ月後あたりから始まると言われています。

そして二週間から一ヶ月ほど続くと言われていますが、減った体重に体が慣れると、それが当たり前になりホメオスタシスの効果がなくなります。そうすることでまた体重が減り始めるのです。

しかし、二週間から一ヶ月の間、毎日体重計に乗るたびにガッカリするのは辛いですよね。

そこで停滞期から早く脱出できる方法を紹介しますので一つずつ実践してみてくださいね!

停滞期の脱出方法

それでは、停滞期の脱出方法をお伝えしていきますね。

①食事の量を戻す

まず抑えたいのが、停滞期が起こる仕組みとして、一ヶ月に体重の5%以上が減るとホメオスタシスの機能が発動すると説明しました。

つまり、停滞期に入ったということは脳が体の飢餓状態を感じているということです。

ですから、体に「飢餓状態ではないんだよ。」と教えてあげるために、食事制限を一度やめて、通常通りの食事に戻してみましょう!

体にカロリーや栄養が取り込まれることで、体が「飢餓から抜け出したんだ!」と思い込みホメオスタシスの効果を抑えることができます。

それと同じで一生懸命取り組んでいる筋トレやランニングなどの激しいトレーニングを一度休憩してストレッチや軽いウォーキングなどでゆっくり過ごすことで体を休め停滞期から抜け出すきっかけを作りましょう。

この戻すという行為は体にとってはもちろん、そろそろダイエットが辛くなってきたなぁと思っている心に良い休息を与えまた頑張ろうと思わせてくれる大切な時間になるでしょう。

②ホメオスタシスをコントロール

何度も言いますが、一ヶ月に体重の5%以上が減るためにホメオスタシスが発動されるのです。

逆に言えば、一ヶ月に減らす体重を自身の体重の5%以内に抑えることでホメオスタシスの発動を和らげることができ、停滞期を穏やかに過ごすことができると言えます。

体重の増減をコントロールするのは難しいですが、毎日体重計に乗りチェックする事で減らし過ぎないよう気をつけるようにしましょう。

やる気に任せ食事制限や運動を頑張りすぎることで停滞期を迎え挫折してしまうよりもゆっくりと長期的な減量を計画し、ホメオスタシスの機能を上手く調節することが停滞期脱出とダイエットの継続に有効と言えます。

③プロに相談

自分で考えてもどうしようもないときはあります。

調べても専門用語にとまどったり、理解できなかったり、なかなか結果が出ないと苛立つものです。

そこで分からずつまずいてしまったら、専門知識を持ったプロに相談するのも一つの手です。

一人でダイエットに向き合うと辛さや思い通りにいかないもどかしさから辞めてしまいたくなります。

誰かのサポートがあるだけで、気持ちが楽になり頑張れるものです。

プロのアドバイスをもらうことは停滞期からストレスなく抜け出せると思いますし、的確な指示を受ける中で学べることも多いでしょう。

そういった点で悩まず、思い切って相談してみるのも一つの手段です。

私でよければいつでも相談に乗りますのでお気軽にメッセージお願いします!

LINEにつながります。

停滞期の注意点

ここまで停滞期について書いてきましたが、停滞期中に一番気をつけたいのがモチベーションを保つということです。

すんなりと落ちていた体重が減らなくなり、ダイエットに対するやる気はガタっと落ちるでしょう。

停滞期からすぐ抜け出せればいいですが、最低でも二週間ほどはかかってしまいます。

その間、減らない体重を見ながら食事制限や運動をすることはストレスそのもので辞めたい気持ちも高まるでしょう。

そんな時、我慢していた食欲が爆発し暴飲暴食してしまうとそれを引き金に

動くのも億劫になり、ダイエット前の生活に戻ってしまうことになりかねません。

また、一時的な暴飲暴食なら停滞期から抜け出す手助けになることもありますが、欲求を抑えきれず食べ過ぎてカロリー過多になったり、1日や2日ではなく何日も続けることで、大量に好き放題食べるという悪い習慣から抜け出せなくなる可能性があります。

せっかく減った体重は元に戻り、最悪の場合、元の体重以上に増えてしまうことが起きます。

つまり「リバウンド」です。

こうなってしまうとまたやろう!と思うことは困難です。

そうならないために、停滞期に入ったら痩せることから少し離れてみてショッピングを楽しんだり、本を読んだり息抜きをして上手くモチベーションを保つことが必要でしょう。

停滞期は乗り越えられる

ダイエットは体の様々な組織や機能と付き合いながら行っていかなければならないものです。

自分の思いとは裏腹に体重が減らず落ち込んだりイライラすることもあるでしょう。

体重を減らすとなると体のことを気にしがちですが、心を平常な状態に保てないことはダイエットの成功を望めないと言えます。

食事制限や運動を続けていく上で必ずぶつからなければいけない停滞期をストレスなく素早く抜け出せるように頑張りすぎないということがポイントになってくるのかもしれません。

そして諦めず続けて停滞期を脱出し、理想の体を手に入れられた時、きっと今よりも素敵な生活を送ることができるというのは間違いないのであなたを信じて続けていきましょう!

大丈夫!あなたならできる!

オンラインでも相談にのります♪

延2000人以上もの女性をオンラインのみでダイエット成功へ導いているトレーナー井無田峻が

ズボラ女子でも楽ヤセ!わずか3ヶ月で-9kg痩せる方法

をLINEでお伝えしています☆

「いつもリバウンドの繰り返し」

「ダイエットが続かない」

「食事は我慢したくない」

そんな事でもう悩むことはありません!

めちゃくちゃ簡単に9キロのダイエットに成功して、より大胆にオシャレを楽しむあなたを想像してみてください。

その方法は、私の公式LINEに登録して「自宅でたった○○するだけのマル秘テクニック」を受け取ったあなたは、すでに90%ダイエットに成功しているも同然です!

まずは、私の公式LINEを読むだけでキラッと輝く理想のあなたに大変身してくださいね♪

自宅で楽ヤセしてあなた史上最高の美ボディを手に入れたい方専用の

オンラインダイエットプログラムはこちら

ご予約もLINEできます。

ここをタップして追加できます↓

友だち追加をしていただきましたら、お名前かスタンプを送ってください。

メッセージを送ってもらえないとプレゼントをお送りできません。

ご相談も受け付けていますので気軽にメッセージ送ってください。

電話:080-1784-1988
Eメール:shunbox1988@gmail.com

面倒な登録はありません。
お急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@登録はタップして追加♪

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

プロフィール

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

 

昭和63年11月18日生まれ (福岡県北九州市出身)

 

幼少より野球チームのキャプテンを務めたり、バレーボールでは定時制高校全国大会へ出場するなど深く広くスポーツに没頭する。

 

高校卒業後は理学療法士になるため専門学校へ通いながら、プロボクシングライセンスを取得しプロデビューし、現在でも『闘う理学療法士』として活躍中。

 

理学療法士、トレーナーとして国内だけでなく、海外(アメリカ・カナダ)へ渡り1000人以上の治療や身体ケアの経験を積む。

 

その経験を活かしてボディメイクはもちろんのこと動作分析、身体機能を細かくチェックしてコンディショニングまで幅広く活躍。

 

「あなたの”理想の身体”へ向けて医学的根拠を持ち、運動・栄養の側面からサポートします。」

 

「私のトレーニング・健康サポートは主に30~60代の方に喜ばれています。 肩こりや腰痛等、身体の不調がありトレーニングに不安のある方、運動が苦手な方でも安心してご相談ください。」

 

 

資格

・理学療法士

・日本ボクシングコミッションボクサーライセンス

・キネシオテーピング認定トレーナー

・アスリートフードマイスター

・アスリートフードマイスターコミュニティ役員

・障がい者スポーツ指導員

・日本PNF協会会員

PAGE TOP