男の子におすすめの護身術

男の子が護身術を習うメリット

日本は他国に比べると「安全で安心な国」と一般的に言われていますね。

一概には言えませんが、そのようなデータが出ていて、日本と他国の犯罪率を比べたとき、アメリカは強盗事件が約40倍、傷害事件が約10倍起きていますし、世界的に見て平和と言われているカナダでさえ犯罪率は日本の約3.5倍もあると言われています。

日本にいれば護身術は必要ないのでしょうか?

そして、日本の犯罪率は、平成14年戦後最多となる約285万4000件をピークに減少し続けています。

しかし、減少している犯罪率と反比例して「治安が悪化していると思う」という世論調査の結果が出ています。

確かに安全と言われている日本であっても、毎日のように悲惨な事件のニュースを目にしますよね。

残念なことではありますが、この日本でも、自分の身は自分で守る術を習得することが必要な時代になっているのかもしれません。

そこで習得したいのが「護身術」。

あなたや大切な子どもさんが自分自身を守れるようになることは必須と言ってもいいでしょう。

護身術は文字通り身を護る術で、女性であっても男性であっても、お子さまであっても自分の身を守るという意味では護身術を身に付けておくことは今後の人生においてもプラスになりそうです。

なぜ護身術?有効性は?

それでは、あなた自身や息子さんが護身術を習うことで得られるメリットをご紹介します。

・自分の身を守れる

護身術とは、名の通り「自らの身を護るための方法」を学ぶということです。

いつどんな事が起こるかは誰にも分かりません。

もしかしたら護身術を習っても発揮する場は来ないかも….。

しかし、「万が一」「いざという時」自分を守ることができたらその先の未来は変わってくるのです。

「自分の身を守る方法を知っていれば…..。」

と悔やんだ時には、手遅れなことも多いはず。

何もなくても身につける事で自分自身に保険をかけましょう。

・体を鍛えられる

護身術と一口に言っても、その種類は様々あり方法も変わってきます。

しかし、共通しているのが「守る術を身につける」ということ。

身体が弱いままでは、自分自身もそしてあなたにとって大切な人も守ることは出来ませんよね?

心も体もナヨナヨとしたままでは当然無理です。

つまり、護身術とは守るための術や強くなる方法を学び身に付けながら、体も鍛えていく事になるのです。

護身術は体を大きく動かしたり力を込める動きなども多く、習っているうちに自然と体が引き締まっていくでしょう。

普段運動する習慣がなかった場合、辛く感じることもあるかもしれませんが動きの習得と共に体も慣れていきスムーズに動けるようになるはずです。

こうして、動くことが習慣づけば、健康にとっても良いと言えるでしょう。

体つくりを若いうちからしておくことは今後の人生にとってもプラスになります。

私自身も7歳ごろからスポーツをはじめて一緒に空手などの護身術を小学生ながら学んでいました。

その経験が、今こうやって情報をお伝えできる私を創ってくれていると確信しています。

・自信がつく

護身術を習得することは「強くなれる」ということと直結しています。

ここで言う、「強さ」とは心も体も強い状態です。

今までは、人から攻撃を受けても何の抵抗もできなかった、逃げる方法もやり方も知らなかった。

そんなあなたでも、この護身術を学ぶことでそれらを習得しながら、余裕が出てきて人としても強くレベルアップできるのです。

習っていくうちに体が鍛えられるだけでなく、体と同じように心(人としての余裕)も鍛えられていきます。

「自分を自分で守れるんだ」という気持ちは不安や心配を消し、以前にはなかった自信を感じられるようになるでしょう。

また、その自信は護身だけに限ったことではなく、日常生活でも強くなれた自分に対する自己評価が上がり、何に対しても胸を張って取り組めるはずです。

もしかしたら強くなったあなたに惹かれて異性からモテるということもあるかもしれません。

・手軽に取り組めて強くなる

護身術の種類によって違いますが、道具などを使わず身一つで行えるものも多くあるということです。

野球やサッカーなどの球技などは用具をそろえたり持ち運んだりする必要がありますが、護身術の場合は多くの道具を必要としません。

中には護身用品も販売されていますが、それを持ち歩いていたら場合によって軽犯罪法違反になってしまう可能性もありますし、持ち歩くのも面倒です。

そんな時、あなたが習得した技を使えるというのはすぐさま対応できますし、最も効果的ではないでしょうか。

覚えた技は道具のように壊れることはないので、今、習得しておけば今後の人生、死ぬまであなたのものです!

おすすめの武術・格闘技

護身術には様々な種類があることをお話しました。では、あなたが取り組みやすい護身術にはどんなものがあるでしょう。

私のおすすめを3つ紹介します。

・空手

空手は日本において人気のある武術の一つです。

琉球王国時代の沖縄で発症し、手や足を使って突き(パンチ)や蹴り(キック)などの技を繰り出し戦う武道で全身をいっぱいに使ってはじめて速度や威力を発揮します。

護身術に応用できる技も多く、正拳突きは拳を握りしめ人差し指と中指のあたりを相手にぶつける技であるし

前蹴りは膝を高く持ち上げ中足を当てるように前足を出し攻撃を加える方法です。

突きや蹴りはもちろん投げ技や関節技もあり、身につければ護身できるでしょう。

・柔道

日本を代表する武術と言ってもいいほど文化に根付いているのが柔道。

手技、足技などの投技から、絞技、抑込技などの固技までその種類は豊富にあり、背負投は柔道の代名詞と言っていいほど有名な技でしょう。

また、その技のダイナミックさから、続けていくことでガッチリとした大きな体を手に入れられるかもしれません。

それだけでも強そうで、絡まれたりしなくなりそうですよね。

私もボクシングを引退したら、柔道は挑戦してみたいひとつのスポーツです。

また、これらの術を身につけられたら、突然の襲撃や攻撃に対抗できるはずです。

習得していく中で相手の動きを読めるようになり自分自身で判断し無駄な動きをせずとも相手を負かすことも可能になってきます。

・ボクシング

そして、やっぱり私のおすすめは、ボクシングです。

ボクシングって強い男のイメージがありませんか?

実際に私も強い男に憧れて、ボクシングを始めました。もちろん、喧嘩はしたことないですし、リングの外で人を殴ることもしませんが、ボクシングの技を習得しておくだけで自信が付き、街を堂々と歩くことが出来たり、人前でしっかりと話せるような自信が付きました

実はそのボクシングは、中世のイタリアやイギリスで護身術として使われていたこともあります。

柔道や空手は技の習得に時間がかかり、習い始めたからと言ってすぐに活用できるとは限りません。

その点、ボクシングはパンチのみというシンプルさから早く習得することができますし、即戦力となるでしょう。

また、練習を重ねていくうちに俊敏に動けるようになり、それと共に相手の動きが見えるようになってきます。

そうなれば殴られそうになった瞬間、相手からの攻撃を避けることも可能になってくるはずです。

そして、なにより練習していく上で鍛え上げられた体を手に入れられるでしょう。

ボクサーの体は筋肉質でバキバキに割れた腹筋などが印象的だと思います。

もしそんな強そうな人が前から歩いてきたら、変なことをしようと思う人はいませんよね。

護身術を身につけるためにどんな方法を選ぶかはあなたの自由です。

しかし、もしボクシングを選ぶのであれば、おすすめしたいのがこちら!

Next R パーソナルボクシングエクササイズ

パーソナルボクシングの詳細はこちら!

現役プロボクサーであり理学療法士の資格を持つ私、井無田トレーナーがマンツーマンでボクシングの指導を行います。

またオンラインでの指導をしているため

  • ジムに行く時間がない
  • 近場じゃない。
  • 人に会うのはちょっと….。

といった気持ちがあっても大丈夫!

 

自宅でも!スタジオでも!

自分の好きな時間に!

自分のペースで!

すべてをあなた中心に合わせて行えます。

プロボクサーによる的確な指導はもちろん、個人にあった練習法を考え、丁寧に教えるため挑戦者の満足度は高く、高い評価を頂いています。

シャドーボクシングやミット打ちマススパーリングなど難しく思えるかもしれません。

しかしやるうちに楽しさを感じられるはず。

なぜなら、ボクシングはストレス発散にも効果があるからです。

力いっぱい殴る事で日頃のイライラを解消できる人も多く、また気持ちよく汗をかけるため、辛さや飽きを感じにくいとも言えます。

Next Rで行うボクシングエクササイズはエクササイズを楽しむ感覚で取り組めるのです。

つまり、それは長く続けられると言う事。

そんなレッスンを手軽にいつでも受けられる事はあなたにとってメリット以外の何者でもないでしょう。

護身術など習わなくてもいい世界が理想ですが、現実はそうでもありません。

ニュースになっていること以外にも日々事件は起きています。

そしてたくさんの人が傷ついています。

被害者にならない為に自分自身を自らのもつ技と知識で守るということが必要になっています。

ボクシングは護身術として使えるだけでなく動くことで、明るい性格を手に入れたり、健康維持にも、鍛えられた体や引き締まった体を手に入れることができます。

技術を身につけることによって向上心が芽生えたりして、仕事の成果も上がるといった声をよくいただきます。

ボクシングに挑戦すると、護身術を学ぶだけでなく、一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなるのです。

ぜひ、体験会もやっていますので挑戦してみてくださいね!

福岡を中心に出張パーソナルボクシングをしていますが、全国からも依頼があれば伺いますのでお気軽にメッセージお願いします♪

これまで国内外合わせて延べ15000人以上のトレーニング、リハビリ指導をしてきたトレーナー井無田峻が「二の腕とウエストがたった1回のトレーニングでキュッと引き締まる方法」をLINEでお伝えします。

「つらい運動が続かない」

「私に合ったトレーニング方法がわからない」

「お腹が出てきて下っ腹が気になる」

もう悩むことはありません!

井無田峻の無料体験レッスンを受けることでお金も労力も消費することなく、キュッと引き締まった理想の体をいとも簡単に手に入れることが出来ます。

細い二の腕とウエストを手に入れて、新しい洋服を選んでいるあなたを想像してみてください。

私と一緒に憧れの引き締めボディを手に入れましょう!さらに、今なら豪華特典付き!

強くカッコいい男になる!パーソナルボクシングトレーニングはこちら

ウエスト引き締め&二の腕がスッキリして薄着を楽しみたい方のパーソナルトレーニングはこちら

ご予約はLINEでもできます。

ここをタップして追加できます↓

友だち追加をしていただきましたら、お名前かスタンプを送ってください。

メッセージを送ってもらえないとプレゼントをお送りできません。

ご相談も受け付けていますので気軽にメッセージ送ってください。

電話:080-1784-1988
Eメール:shunbox1988@gmail.com

面倒な登録はありません。
お急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@登録はタップして追加♪

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

プロフィール

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

 

昭和63年11月18日生まれ (福岡県北九州市出身)

 

幼少より野球チームのキャプテンを務めたり、バレーボールでは定時制高校全国大会へ出場するなど深く広くスポーツに没頭する。

 

高校卒業後は理学療法士になるため専門学校へ通いながら、プロボクシングライセンスを取得しプロデビューし、現在でも『闘う理学療法士』として活躍中。

 

理学療法士、トレーナーとして国内だけでなく、海外(アメリカ・カナダ)へ渡り1000人以上の治療や身体ケアの経験を積む。

 

その経験を活かしてボディメイクはもちろんのこと動作分析、身体機能を細かくチェックしてコンディショニングまで幅広く活躍。

 

「あなたの”理想の身体”へ向けて医学的根拠を持ち、運動・栄養の側面からサポートします。」

 

「私のトレーニング・健康サポートは主に30~60代の方に喜ばれています。 肩こりや腰痛等、身体の不調がありトレーニングに不安のある方、運動が苦手な方でも安心してご相談ください。」

 

 

資格

・理学療法士

・日本ボクシングコミッションボクサーライセンス

・キネシオテーピング認定トレーナー

・アスリートフードマイスター

・アスリートフードマイスターコミュニティ役員

・障がい者スポーツ指導員

・日本PNF協会会員

PAGE TOP