お腹が空いていないのに食べてしまう。その食欲の原因は?

こんにちは!福岡博多のダイエットジムNextRのパーソナルトレーナー井無田峻です。

ダイエットがうまくいかない原因の1つに挙げられるのが「間食」です。

痩せたいのについつい食べてしまう。その積み重ねで知らず知らずのうちに太ってしまった。このような経験でお悩みの方も少なくないかもしれません。

私は間食をすることは悪くないと思ってます。ただ、お腹がすいてないのにも、関わらず無意識に食べてしまう場合は、しっかりとした対策が必要です。

先日、カウンセリングへ来られた40代女性の方が、
「実は最近夜にケーキを食べることがあって….特にお腹すいていたわけでもないのについつい食べちゃいます」と言われました。

この方だけでなく、非常に多くの方が同じようなご経験をされていると思います。

お腹が空いていないのになんとなく食べてしまうことが多いのです。

またはイライラしてしまって、感情的に食べちゃうパターンもあります。

なぜお腹が空いていないのに食べてしまうのか。その原因は大きく3つ挙げられます。

ストレス

仕事や人間関係のストレスが原因でつい食べてしまう。

その結果、太ってしまう。体重計を見てさらに落ち込む。もしくは測らない。

ストレスの繰り返しでまた食べてしまう…… という負のサイクルができてしまいます。

疲労やイライラを食べもので解消しようとすると、一時的には解消できると思いますが根本的なストレスの解決にはならず、さらに体重の増加からストレスが増えて負のサイクルになってしまいます。

環境

映画館でのポップコーン、スポーツ観戦時のビール、旅行先での食べ歩き、コンビニスイーツ、イベント先での屋台の焼き鳥、深夜のグルメ番組。

このような、生活の中にあるその場の環境に流されてしまうケースも多くあります。

最近ではSNSで映える写真を挙げたいがためにスイーツを購入する女性も多いと聞きました。

本当にそれが食べたかったわけでもなく何となく買って食べちゃうケースですね。

習慣

職場でもらったお菓子、 子供の残したご飯、食後のスイーツ、出勤前・中のコーヒー、飲み会後のしめのラーメン。

このような、無意識のうちに食べ物を口にしているケース。自分の意思とは関係なく、「付き合いで断れずに」「本当はいらなかったけど食べちゃう」
このような感情的な食事を減らせればダイエットにも成功できます。

まずはその食事が本当の空腹によるものなのか、それとも感情的なものなのかを確認してみてください。
見極め方は空腹時問です。本当の空腹であれば時間が経つにつれて徐々にお腹が空いてきます。
一方で感情的な空腹は突然来ます。

まずは30分間我慢してみましょう!

感情的な食欲であれば30分で治まるはずです。 もし、治まらずに空腹が持続するのであればそれは本当の空腹なので食べても大丈夫です。

「アップルテスト」

アップルテストをご存知ですか?参考までに紹介しておきます。

リンゴをイメージしてそのリンゴを丸々一個を食べられなければ本当の空腹ではありません。

その場合は感情的な空腹の可能性が高いため30分食べないようにしてみましょう!

それでも食べたい場合は本当の空腹なので食べても良いと思います。

結構使えるので試してみてください(*^^*)

LINEお友達追加で特典をGET

現役プロボクサー・理学療法士監修のダイエットメソッド!

【LINE追加でお得がいっぱい♪】

★公式LINEのご登録で嬉しい特典つき★
・楽して痩せる自宅で簡単エクササイズ動画集
・ボクサーおすすめの低糖質レシピ
・100%リバウンドしないメンタルの作り方

電話:080-1784-1988

Eメール:shunbox1988@gmail.com

LINEでもご予約できます。

ここをタップして追加できます↓

友だち追加をしていただきましたら、お名前かスタンプを送ってください。

メッセージを送ってもらえないとプレゼントをお送りできません。

ご相談も受け付けていますので気軽にメッセージ送ってください。

電話:080-1784-1988
Eメール:shunbox1988@gmail.com

面倒な登録はありません。 お急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@登録はタップして追加♪

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

プロフィール

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

 

昭和63年11月18日生まれ (福岡県北九州市出身)

 

幼少より野球チームのキャプテンを務めたり、バレーボールでは定時制高校全国大会へ出場するなど深く広くスポーツに没頭する。

 

高校卒業後は理学療法士になるため専門学校へ通いながら、プロボクシングライセンスを取得しプロデビューし、現在でも『闘う理学療法士』として活躍中。

 

理学療法士、トレーナーとして国内だけでなく、海外(アメリカ・カナダ)へ渡り1000人以上の治療や身体ケアの経験を積む。

 

その経験を活かしてボディメイクはもちろんのこと動作分析、身体機能を細かくチェックしてコンディショニングまで幅広く活躍。

 

「あなたの”理想の身体”へ向けて医学的根拠を持ち、運動・栄養の側面からサポートします。」

 

「私のトレーニング・健康サポートは主に30~60代の方に喜ばれています。 肩こりや腰痛等、身体の不調がありトレーニングに不安のある方、運動が苦手な方でも安心してご相談ください。」

 

 

資格

・理学療法士

・日本ボクシングコミッションボクサーライセンス

・キネシオテーピング認定トレーナー

・アスリートフードマイスター

・アスリートフードマイスターコミュニティ役員

・障がい者スポーツ指導員

・日本PNF協会会員

PAGE TOP