ダイエットで運動食事風呂の順番は?

ダイエットで運動食事風呂の順番は?

美容でとても有名な人気アナウンサーの田中みな実さんは、ストイックにダイエットや美容をしている女性のお手本のような存在として、女性たちから高い支持を受けています。

女性ならみんなの理想である、田中みな実さんのような人になれたらと誰もが思うかもしれません。

しかし、どうしたら田中みな実さんのようになれるのか。

私が思うには、ダイエットをするにあたっては嫌々と取り組まずに、ある程度ダイエットをすることすらを楽しんで行う必要があると思います。

きついダイエット楽しく過ごす方法の一つとして、あこがれの人を常に意識してその人がどんな生活をしているのかをより鮮明に想像することです。

そうすることできついと感じていたダイエットに対して前向きな考えが生まれて、楽しくなってくるような瞬間が出てくると思います。

もし、毎日楽しくダイエットが出来るならば、その雰囲気が表情などにあらわれて憧れのキラキラ女子になれるかもしれません。

さて、今回のテーマですが、ダイエットや健康に一番効果的な食事、運動、お風呂の順番をご紹介します。

参考になると思いますので是非、最後までぜひおつきあい下さい。

運動食事風呂の特徴

まずは食事、運動、お風呂の特徴について簡単に説明します。

運動の順番

運動には、生活習慣病や健康の維持、気持ちが晴れたり心理的にも良い作用があるというのはわかると思います。

もちろん運動は、ダイエットにとっても引き締め効果があったりとても良いことです。

しかし、食事を摂ってから運動をしてしまうと、食事で摂取した栄養エネルギーが消化される前、つまりお腹に残った状態で動くので体調不良であったり、脂肪が燃えにくくなる原因となりダイエットに向きません。

反対に、運動後の約30~45分以内に食事をするならば栄養の吸収がしっかりされるため、ダイエットにとても効果的です。

この時間帯を、ゴールデンタイムと呼びます。(多少時間差はあります)

この時であれば、運動後で筋肉がタンパク質を積極的に吸収してくれるので最適な時間です。

ジム後にプロテインで栄養補給している人が多いのもこの理由の一つですね!

食事の順番

良い食事の習慣は生活のリズムの安定や、腸内環境がよくなり健康や効率的なダイエットにつながります。

食事は、エネルギーと健康維持のバロメーター。

先ほど言ったように、運動をしてから食事を摂ることによって、タンパク質などの必要なものが十分に吸収ので良いですね。

あまりお勧めしない順番は、食事後にすぐに入浴をしてしまうことです。

通常はであれば食事の後に、胃に血流が集まってくることによって正しく消化をされますがそこでお風呂に入ってしまうと、体の体温上昇が始まって胃の消化のための血流が少なくなってしまうために消化管の負担となってしまいます。

食事のあとにすぐに運動をしてしまうことも、消化のために流れるはずの血流が筋肉に分散して向かっていくために、結果的に胃の消化を悪くしてしまいます。

そのため、食事のあとの運動は内蔵や胃の働き、血流などが筋肉に集中してしまうので体にはよくないと言われています。

まだはっきりと解明はされてはいませんが、食べた直後に走ると脇腹が痛くなるのもこの働きによるものと言われています。

もしも、どうしても食後に運動をしたいという場合には、食事の30分あとに息切れをしない程度の軽い有酸素運動を行うことをおすすめします。

お風呂の順番

お風呂の順番はどうでしょうか。

お風呂に入ると、幸せな気持ちになりますね。

特に湯船に浸かるならば血の巡りが良くなり、血液中に新鮮な酸素を運んで老廃物を出すという作用があります。

しかし、健康的にダイエットを考えているのであれば、運動のすぐあとにはお風呂に入らないようにすべきです。

運動やトレーニングをしたあとの筋肉は熱を持っています。

その状態のままで熱いお風呂に浸かるならば筋肉の炎症が、悪化をしてしまうのでおすすめしないため、運動のあとに体を温めるために、ゆっくりとお湯に浸かるという事は避けましょう。

たくさん運動をして汗をかいて、早く汗を流したいという場合は、ぬるめのお湯で体を流したり、短い時間で汗を流すといった方法をおすすめします。

しかし本来、ダイエットをスムーズにすすめるには、ゆっくりとお風呂に浸かるのをおすすめしていますのでなるべくゆっくり浸かれるように食後すぐは避けたほうが良いでしょう。

おすすめの順番

健康的に体への負担が少なくてダイエットに向いている順番は、運動をし、食事のあとにお風呂に入るという順番です。

反対に、食事をとってから運動という順番もあります。

これには、インスリンを抑える効果がありますし、エネルギーにもなるので体がしっかり働くといった効果があります。

しかし、最初の順番よりも、食事をとってから時間をおいて運動の順になるために時間がかかって非効率でもありますし、ダイエット効果もある程度は落ちてしまいます。

ですから一番良い順番は、運動、食事、お風呂の順となります。

その時の状況に合わせて、なるべく負担の少ない方法でダイエットを成功させていきたいですね。

①運動 ②食事 ③お風呂

順番ダイエットのポイント

入浴の時のポイントとしては、夕食を食べる時は入浴後がダイエットに良いとされています。

入浴により水圧で胃が圧迫されているので、その分食欲がセーブされます。

また全身に血流が回っていることにより、普段血流が集中する消化管の動きがかなりおさえられるためにダイエットに良いと言えます。

避けた方が良いこととしては、入浴後の筋力トレーニングはやめるようにしましょう。

お風呂に入って温まることによって、筋肉がとてもリラックスし緊張がなくなります。

そのリラックスした状態で筋肉をつけようとしても、とても非効率で筋肉を痛めるという恐れもあります。

良い順番としてはトレーニングをしてから入浴をし、その後ストレッチをするならば体も安心ですね。

まとめ

ダイエットを基本の生活から変えていくことは、これからダイエットをしていくために大切なことといえます。

今まで書いてきたことをまとめると

  • 運動後の約45分以内に食事をするなら、栄養の吸収が良いこと。
  • 運動をしてから食事を取ることによって、タンパク質など必要なものが十分にとれること。
  • また夕食を取るのは、入浴後がダイエットに良いと言える。

そしてダイエットに一番良い順番は、運動、食事、お風呂の順。

女性らしい美ボディーを目指して、コツコツとダイエットを続けていきましょう。

延2,000人以上もの女性をオンライン指導のみでダイエット成功へ導いているダイエットコーチ井無田峻が

ズボラ女子でも成功続出!リバウンドせずに-9kg痩せる方法

をLINEで大公開しています☆

「痩せてもリバウンドの繰り返し」

「ダイエットのやる気が起きない」

「きついダイエットはしたくない」

そんな事でもう悩むことはありません!

つらい想いをせずに9キロのダイエットに成功して、オシャレを楽しむ3ヶ月後のあなたを想像してみてください。

その方法は、プロボクサー&ダイエットコーチ井無田峻の公式LINEに登録して

「自宅で○○するだけ!みるみる体重が落ちる方法

を受け取ったあなたは、すでに90%ダイエットに成功しているも同然です!

まずは、私の公式LINEの情報を受け取ってキラッと輝く理想のあなたに大変身してください!

あなたの挑戦を応援します!

自宅で楽ヤセしてあなた史上最高の美ボディを手に入れたい方専用の

オンラインダイエットプログラムはこちら

ご予約もLINEできます。

ここをタップして追加できます↓

友だち追加をしていただきましたら、お名前かスタンプを送ってください。

メッセージを送ってもらえないとプレゼントをお送りできません。

ご相談も受け付けていますので気軽にメッセージ送ってください。

電話:080-1784-1988
Eメール:shunbox1988@gmail.com

面倒な登録はありません。
お急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@登録はタップして追加♪

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

プロフィール

トレーナー 井無田 峻(いむた しゅん)

 

昭和63年11月18日生まれ (福岡県北九州市出身)

 

幼少より野球チームのキャプテンを務めたり、バレーボールでは定時制高校全国大会へ出場するなど深く広くスポーツに没頭する。

 

高校卒業後は理学療法士になるため専門学校へ通いながら、プロボクシングライセンスを取得しプロデビューし、現在でも『闘う理学療法士』として活躍中。

 

理学療法士、トレーナーとして国内だけでなく、海外(アメリカ・カナダ)へ渡り1000人以上の治療や身体ケアの経験を積む。

 

その経験を活かしてボディメイクはもちろんのこと動作分析、身体機能を細かくチェックしてコンディショニングまで幅広く活躍。

 

「あなたの”理想の身体”へ向けて医学的根拠を持ち、運動・栄養の側面からサポートします。」

 

「私のトレーニング・健康サポートは主に30~60代の方に喜ばれています。 肩こりや腰痛等、身体の不調がありトレーニングに不安のある方、運動が苦手な方でも安心してご相談ください。」

 

 

資格

・理学療法士

・日本ボクシングコミッションボクサーライセンス

・キネシオテーピング認定トレーナー

・アスリートフードマイスター

・アスリートフードマイスターコミュニティ役員

・障がい者スポーツ指導員

・日本PNF協会会員

PAGE TOP